FC2ブログ
2006年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2006.12.20 (Wed)

寒い季節に弾きたい音楽

イルミネーション

東京も太陽の出ない日は大分冷え込むようになりました。
とは言っても、元々暑がりな僕は、冬場は極寒(特に昨冬は厳しい寒波に襲われました)のワルシャワで鍛えたせいもありますが、それなりの防寒対策をしていれば特に寒い!!と感じることはあまりありません。
むしろエアコンをつけない時の室内の方が寒いです。日本の家の窓は隙間風が多すぎます。
かといって室内でエアコンをガンガンにつけるのが好きではありません。脳の酸素が欠乏して頭がボーっとしてくるからです。
だったら厚着をすればいいのですが、室内で厚着をするのも動きにくくて好きではありません。
ワルシャワのキチっとしまる窓にセントラルヒーティング(冬期に家やアパート全体を暖かくするシステム)が恋しいです。
たとえ外気温がマイナス20度に達しても室内はおよそプラス20度弱に保たれるので薄着で快適に暮らせるのです。
ようするにワルシャワの楽な生活(あくまで室内限定ですが・・・)に慣れてしまったため、この生活を今の東京の家に求めているただのわがままなのでした。一度楽を覚えてしまうと人間は恐ろしい・・・(笑)


どうでもいいことはさておき・・・

これは僕だけかもしれませんが、寒くなるとなぜか気分が憂鬱になる傾向にあります。
「悲しい、寂しい、なぜか切ない、やるせない、狂おしい、人肌恋しい・・」等等、一見マイナス要素の感情が自然と感じる回数が増えるように思います。
僕の場合は思いつめ過ぎると参ってしまうので、そのマイナス傾向の感情を無理やりプラスにもっていこうと考えます。

そんな時にピッタリな音楽・・・それは寒い(イメージのある)国の音楽です。

特にロシア音楽はそのメランコリックな雰囲気が僕にとっては非常に共感できるものがあります。毎年冬になると弾きたくなるのです。

今年の冬はムソルグスキーにかかりっきりになりそうですが、他にもロシアものが弾きたいと思ったので、ふと思いついたのはスクリャービンの練習曲 cis-moll,Op.42-5です。
この曲は憂鬱な気分の時にはピッタリ!メインとなる運動は左手なので、最近左手がサボり気味だったこともあり右脳を活性化させる上でも効果的です。
特に好きな箇所はといいますと・・・

↓譜例 1をご覧下さい。
譜例 1


水色の線で囲った2小節(2回目は変形ヴァージョン)が何ともドラマティックで、赤丸で囲ったE(ミ)の音に達した瞬間、苦悩の中のかすかな喜びが感じ取れ、そのまま2小節目に突入すると何とも言えない感動的な和声の変化を感じられます。
左手は終始忙しく、二回目の右手も弾き易くはないので、練習無しでは容易にはスムーズに弾くことはできないのですが、ゆっくり弾いてても感動することのできる大好きな部分です。むしろゆっくり弾いたほうがそのEに達するわずかな瞬間に長く停滞することができるので、より感動できるかもしれません。(笑)


↓続いて譜例 2をご覧下さい。
譜例 2


今度はコーダのクライマックス部分です。
嵐のような右手の重音がどんどん激しくなりff(フォルティッシモ)で容赦なく突き進んでいき赤く囲った部分に到達した瞬間、今まで溜め込んでいた怒りが一気に爆発します。
しかしそのやり場のない怒りも全てを放出するのではなく、最後は無理やり押し殺してpp(ピアニッシモ)で締めくくられます。
スクリャービンの精神描写を見事に現している名作だと思います。
技術的にはここの右手で力が入ってしまうと、腕がつりそうになってしまうので要注意です。(笑)

と、このように文章で説明しても中々イメージがつきにいくいと思いますので、録音をupできるようこれから練習に励みます。

どんな感情であれ、ピアノを表現するのにはプラスになってしまう・・・ピアニストはある意味とても幸せなことかもしれません。(笑)

余談ですが、昨冬没頭したこれまた寒い国代表:ラフマニノフのソナタや、最近録音したシマノフスキ(隠れた名曲)、ラフマニノフの小品の録音をupしました。

http://www.geocities.jp/yuma_pianista/performance.html

↑このURLからどうぞ。
よろしければ、お時間がございましたらお聴きくださいませ。

それでは皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さい!!(僕の分まで!?)


にほんブログ村 クラシックブログへ
音楽ブログランキング
スポンサーサイト



タグ : スクリャービン スクリアビン ラフマニノフ シマノフスキ 録音 無料

EDIT  |  01:08  |  音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑
 | BLOGTOP |