FC2ブログ
2007年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.01.27 (Sat)

連続断弦事故発生!!

本日調律師さんに来てもらいました。高音部(一番上から2番目のド)の切れた弦の張替えをしてもらうためです。

昨年末には3本切れていたのを直してもらったばかりだったのですが、今年に入ってまたもや切ってしまっていたのでした。

断弦事故多発地帯

↑昨年末の悲惨な状態。弦の上部にある丸い紙は数年以内に張り替えた弦の目印です。
この高音域はまさに断弦事故多発地帯につき注意!!




今日は一本のみなので張替え作業自体は短時間で終了。その後サーヴィスで狂った音を拾ってもらいました。

そして今日は兼ねてから注文していたチューニングハンマーもお買い上げです。

ピアノ弾きがなぜ調律の器具を!?とお思いでしょう。

弦を張り替えた後は、その後なじむまでは弦が伸びていくためにどうしても音が下がってきてしまいます。
もちろんその都度調律師さんを呼べばいいのですが、僕の場合はその頻度が多すぎるので、コスト的にも時間的にも厳しいものがあります。
そこで思いついたのが「自力で調律」です。年末に調律師さんからお借りしていたハンマーで、張替え直後の狂った弦を調律してみました。

初めはピンを回しすぎて半音近く狂わせてしまい、その後元の高さまで直すのに非常に苦労して一本直すのに30分もかかってしまいましたが、徐々に慣れてきて今は気持ち悪く無い程度の音の狂いまでには割りと短時間で直せるようになりました。
しかし完璧に合わせることはまだまだ不可能です。
こうやって自ら楽器をいじくってみることで、ピアノという楽器の性能、及び調律の奥深さ、難しさを知る良い勉強になりました。

今日は念願の「マイハンマー」GETに浮かれ、調律直後のピアノの美音に練習もはかどる・・・・はずでした。

マイハンマー

↑もはや必需品!?マイハンマー♪



最初は良かったんです。なるべく弦を張り替えたばかりの「ド」が狂わないよう、美音に酔いしれながら静かな曲ばかり弾いてました。

しかし今練習中の「展覧会の絵」は弱音ばかり弾いているわけにはいきません。特に練習が必要な部分は轟音が必要な箇所ばかりです。

悲劇は「キエフの大門」を弾いているときにおきました。

クライマックスに近づくにつれ、脳も自然と興奮、左手で爆発をおこしていきます。
そして、次の瞬間・・・


バッチーーーーン!!!

一瞬小規模なガス爆発でも起きたかのようなけたたましい音が部屋中に鳴り響きました。
内心ではもうわかっています。

「またやっちゃった・・・

練習全開モードが一気に意気消沈

不運なことに今回は低音弦でした。低音弦を切ったのはこのピアノでは昨年秋以来2度目、普通は低音弦は滅多に切れません。

そして低音弦は銅線が巻いてある分、高音弦よりも割高で、さらに特別に注文しなければいけません。痛い出費です。

切れた低音 切れた低弦


↑切れた低音弦。よく見ると銅線部分ではなく、銀色の鋼線が切れていることがわかります。



泣く泣く調律師さんに電話し、来週また来てもらうことになりました。

弦を切るたびに思ったことですが、僕の場合ある共通性が。

1.ロシアものの曲で轟音(fff以上)をぶち鳴らした時。
2.ペダルを踏みながらオクターヴ、もしくはオクターヴ+内声の強打をした時。
3.力んで弾いた時よりも、脱力できていた状態でスコーンと鳴らした時。

もちろん例外もありますが、上記の場合が多いです。
あと、張替え直後の不安定な状態で調子に乗って大音量の曲を弾きまくるのも良くないことがわかりました。(以前も張替え後数日以内に切れた経験あり・・・)


今回の件で3月の演奏会以降、しばらく激しいロシア曲を弾くのはやめようと本気で思った今日この頃でした。
今日の断弦事故直後はショックがかなり大きいものがありましたが、
ショパンのコンチェルト2番、2楽章で自ら魂を鎮めたことは言うまでもありません。


にほんブログ村 クラシックブログへ 音楽ブログランキング



スポンサーサイト

タグ : 調律 断線 断弦

EDIT  |  00:40  |  音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

2007.01.17 (Wed)

「逆」メタボリック対策

史上初の頻繁更新です

日曜にメタボリック対策としてジョギングをしたわけですが、予想通り次の月曜日は太ももの筋肉の激痛に襲われ、歩行スピードも通常の半分まで落ちるという悲惨な状態・・・
そんな中、母校:桐朋学園のある仙川に用があったので這うようにして行って参りました。 僕が「仙川にいる」と聞いて既にピーンとくる方もいるでしょう。 その目的の一つは・・・

そう、あの黄色い看板『 ラーメン二郎 』仙川店です

このラーメン屋は一応チェーン展開しているのですが大学時代に初めて存在を知り、とにかく安く空腹を満たしたい!という時に何度も通うことになったのがこの『ラーメン二郎』仙川店なのでした。
仙川店は我々の世代の店主が僕の留学中に急逝されて閉店していたらしいのですが、また復活したとの話を聞いて、学生当時最も多く一緒に通った友人(男)と数年ぶりに行ってみました。
午後18時半ごろ、既に店の外まで人が溢れていました。
予想通り男率は100パーセント
年齢層は広く、学生風の人から50代のおじ様まで。以前より若干古びて狭くムサ苦しい店内は健在でした。

入り口付近の自動券売機を見てみると・・・

な、なんと大トリプル 1000円の文字が

僕は今まで、小岩店、松戸駅前店、歌舞伎店、池袋東口店と試してきたわけですが、この「大トリプル」というメニューがあるのはここが初めてでした。(僕らが学生時代にはありませんでした。さらに昔はあったという話を聞いたことがあります。)

無謀な好奇心とチャレンジ精神からこの大トリプルというボタンを何度押そうか迷いましたが、胃が元々不調だったこともあり、さんざん悩んだ挙句、
僕は「豚トリプル 900円」、
友人が「大ダブル 900円
を選びました。僕のいつもの無茶なチャレンジをご期待くださった方々、申し訳ございません
(※それでも僕のは麺は通常量で、チャーシューの量が3倍、友人のが麺が通常の1,5倍にチャーシューが2倍。ただし二郎の「通常」は普通のラーメン屋の麺の1,5倍以上あります。)
食券購入後、カウンター席につきます。新店主さんは以前の方ほど怖そうなイメージはありませんが、なぜか店内の雰囲気が殺伐としています。(笑)
「以前よりも若干匂いが違わない?」などと店主に気づかれないよう友人とヒソヒソ話をしながらも彼の手さばきをゆっくり観察します。そこで一つ気づいたことが!他の二郎の店はどうだったか覚えていませんが、普通ラーメンはスープを入れた後、茹で上がった麺を絡めて出しますよね!?
それがなんと丼にスープを注ぐ前に麺を豪快に詰め込んでいき、その後具とスープを入れていることに気づきました。そうすることで麺の量が優先され自然とその量も増えるわけです。

いよいよ我々のラーメンが完成しそうなとき、一つの丼に異常に高く麺が盛られているものがありました。スープをかける前ですが、麺が丼の口よりも高く山のように積まれている!!!

「あれが来たらヤバくない!?」

友人との会話に緊張が走ります。その後店主にお決まり文句「にんにく入れますか?」と聞かれ、僕も友人も「ニンニク野菜」を注文。生刻みニンニクが加えられ、茹で野菜がさらに高く盛り付けられます。

「はい、お待ち!」

あのまるで巨大な山脈のように盛られたラーメンはなんと友人のところに差し出されました。あまりにも量が多いため、こぼれないように下にステンレスの皿が添えられております。

「うわあああぁぁぁぁ!!」

あまりの量に周囲のおじさんに「凄いね~」と突っ込みを入れられる彼。僕もつられて爆笑してしまいます。これは「見せしめ」に近い量です。店主の「食えるものなら食ってみろ!」という挑戦状です。常人には半分も食べられません。
まず先に出された彼のラーメンを見るだけで既に戦意喪失気味の僕でした。続いて僕のラーメンもきます。
僕の注文したものもまたスゴイ・・・

豚トリプル   豚トリプル(アップ)


ケータイカメラの写真では迫力が伝わりきらないかも知れませんが、上に盛られた野菜の下に分厚いチャーシューがびっしりしきつめられておりました。。。友人のはさらにヤバかったわけです。ケータイカメラで撮影するとチロリンとうるさいので撮りまくるのは控えました。デジカメを持って行くべきでした。

味はといいますと、香りが違った割には懐かしの味に近かかった気がします。いつものように最初の10口までは「美味い!」と感じます。
しかし苦痛はその後すぐ押し寄せてきます。特に今回はチャーシューの厚さが1センチ以上ある箇所もあり、噛んで飲み込むだけで一苦労。更に麺も極太なので噛む作業を行っている間に顎が疲れ、次第に味に飽きてきて飲み込むのが辛くなってきてしまいます。それでも一度食べるペースを落とすと脳に満腹だと伝わってしまうので、無心で食べ続けるしかありません。

やっとの思いで麺を平らげ、残るチャーシューも少なくなりましたが既に顎が疲れ果てて満腹です。友人は7割食べた時点で先にギブアップ。チャーシューの盛り方もほとんどトリプルに近かったので仕方ないでしょう。二郎で残すことは暗黙のルールでご法度に近いのですが、店主さんは意外にも優しく「ありがと~。」と言ってました。少し勝ち誇った気分だったのでしょうか・・・(笑)

ご存知負けず嫌いの僕は最後の力(咀嚼力)を振り絞り、何とか残りのチャーシューも脂身の塊だけは残して食べることができました。スープまでは飲み干せませんでしたが・・・証拠写真をおさめたつもりが保存できていませんでした・・・

5年くらい前の仙川店と比べて特に違ったものをまとめますと、
麺の量が半端なく増加。(大で店主が上機嫌の場合)
チャーシューの切り方が分厚すぎ。(しかし味は染み込んでいてやわらかめで美味しい)
店の外まで漂うラーメンの香り。
こんなとこでしょうか。

学生時代はいつも当時最高レベルの量の「大ダブル」を食べていた僕達。「年を取ったね~」などと言いつつ胃に痛みをかかえながら昔話に花が咲くのでした。

ちなみに僕らが注文した特大ラーメンの推定カロリーは1500kcal以上と言われています。恐らく1日前にジョギングで消費したカロリー以上のものを1食で摂ってしまったわけです。走った意味が無くなってしまいました。恐ろしい・・・

そしてジョギング後二日経った現在も階段を下りるたびに太ももに痛みを感じるこの状況・・・
果たして次ジョギングできる日はくるのでしょうか。そして内臓脂肪とおさらばできるのでしょうか。
2日前に立てた計画が早くも暗礁に乗り上げております

にほんブログ村 クラシックブログへ 音楽ブログランキング

EDIT  |  00:49  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(11)  |  Top↑

2007.01.15 (Mon)

メタボリック対策

メタボリックシンドローム
この言葉をテレビをつけていれば一日に一度は耳にする時代になりました。
27歳にして情けないことに日々体力の衰えを感じつつも、食欲だけは反比例するかのように増幅傾向にある困った状況です。
現況は明らかにカロリー過剰摂取です。体重は現在56キロで、標準程度だとは思いますが、わき腹周辺に明らかに必要ないものがつきはじめております。いわゆる隠れ肥満、内臓太りと言えるでしょう・・・

脳を使うことでカロリーを消費させることができるようですが、いくらピアノを弾く上で脳をフル活動させたとしても、腹回りの脂肪まで燃焼しているとは到底思えません

これは有酸素運動をするしかない!と思い立ち、本日江戸川沿いの土手を走ってきました。

初日のコースは柴又5丁目付近の土手から金町の常磐線で折り返して、その距離往復約3キロです。
行き当たりばったりな性格の僕は、当然のごとく準備運動もまったく無しにジョギング開始!この時点で午後5時過ぎで薄暗かったです。

金町方面     西方面

㊧金町方面を望む(右に川が流れてます)  ㊨土手から西を望む
(ケータイカメラで低画質なのはお許し下さい。)


スローペースですが出だしは好調
内心「まだまだいけるじゃん!」と調子に乗り始め、さらに負けず嫌いな性格も後押しして他のランナーに抜かれないようペースアップ

そのまま快調に折り返し地点の金町に到着し、初日から飛ばしすぎたらまずいかなと体を気づかい、少々休憩。


・・・が、この休憩が思わぬ誤算でした


太ももからひざにかけての筋肉が急に痛くなり、足の裏にも痛みを感じます。
さらに帽子をかぶっていなかっため寒さのために耳が凍るような感覚に襲われ、一気に戦意喪失です

完全に足を止めると頭がクラクラしてくるので、ゆっくり歩きながらペースを取り戻し、5分ほどしてからまた走り始めました。


復路を走っている時は太ももも痛いのですが、それよりもとにかく耳が冷たくて痛い!!
冬のジョギングは帽子が必須アイテムなのだと痛感しました。

走り出すとまたペースが戻り何とかゴールへ・・・


3キロ程度走るのがこんなにしんどいとは・・・いかに日頃運動不足なのか思い知らされました。

帰宅直後から練習再開しようと思ったものの、頭がクラクラするのでお風呂に入ったりして1時間は要安静となりました。。。

しかし数年ぶりに走ったこの土手には中学時代のサッカー部での練習、高校時代のマラソン大会(男子は10km)などなど色々と思い出のある場所で、走っている時は想像以上に気分が良かったので、この懐かしくもある心地良い疲れと共に爽快感を得ることができ、なおかつ内臓脂肪とおさらばできるのなら、週に1度は走ろうと決意した次第でございます(少なすぎ!?)



にほんブログ村 クラシックブログへ
音楽ブログランキング

タグ : メタボリック

EDIT  |  01:53  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2007.01.01 (Mon)

Szczęśliwego Nowego Roku 2007!! /               A Happy New Year 2007!!

皆様、新年明けましておめでとうございます!!

2006年→2007年への年越しはいかがお過ごしでしょうか。


僕はといいますと、4年ぶりに新年を日本で迎えたわけですが、以前の慣習でもあった地元の柴又帝釈天に初詣に行ってきました。
元旦の柴又、特に午前0時前後は一年で柴又が最も賑わう時でもあります。

柴又帝釈天

↑2007年1月1日午前0時直後の柴又帝釈天


この柴又帝釈天へは徒歩5分ほどで行けるので、毎年大晦日の23時55分頃家を出て除夜の鐘を聴きながら歩いて、人にもみくちゃにされながらも帝釈天でお参りし、その後帝釈天参道で特産(?)の草だんごを購入し、持ち帰って食べます。
この素朴なスタイルが僕の一年の始まりを飾ります。(笑)


ちなみに今日は帰宅した後、某TV番組を見ていたら見事に引っ張られて寝たのが5時前になってしまい、2007年は非常に眠いスタートとなってしまいましたが、個人的には細木数子氏の占いによる3年間にも及ぶ「大殺界」(僕は金星人(-)のようです。)が終了し、新たなスタートを切れると言うことで非常に気分が良いです。(笑)
特に彼女の占いを本気で信じているわけではありませんが、

ダイサッカイ

という単語の響き的に心中穏やかではありませんでした。(苦笑)


それでは2007年も皆様にとって素晴らしい年となるように☆
本年もどうぞよろしくお願いいたします!!!!!

にほんブログ村 クラシックブログへ
音楽ブログランキング

タグ : 2007 新年のご挨拶 柴又帝釈天

EDIT  |  10:56  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。