FC2ブログ
2007年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2007.02.14 (Wed)

はじめてのえほん

妙なタイトルに驚かれるかもしれませんが、この歳になって恐らく自分のお金では初めて絵本を買ってみました。

そのタイトルはといいますと・・・






バーバ・ヤガーです。(笑)






ご存知「展覧会の絵」の9曲目を飾る超有名曲の標題でもありますが、ネットで何となく検索してみたところ、この絵本の表紙に一目ぼれ。在庫僅少ということで即、紀伊国屋本店で買ってきました。

バーバ・ヤガー(表)         バーバ・ヤガー(裏)

↑表紙 強烈なインパクトに一目惚れです。 ↑背表紙 後姿もキュート!?



このお話は、ロシアの物語で鶏の足を持った動く家に住む世にも恐ろしい魔法使いのお婆さん「バーバ・ヤガー」に小さな女の子が出くわしてしまうというストーリー。
内容は全く期待しないで買ったのですが、予想以上に楽しめます。
本当に恐ろしい魔女なはずなのに、女の子の要求をやけに素直に受け入れたりと絵本特有の微笑ましい場面も。絵本の世界に引き込まれてあっという間に読んでしまいました。中身の版画風の絵も気に入りました。


お城


↑一番気に入った絵。ロシア独特のお城が見事に表現されています。またロシアに行きたい!


動く家


↑森の中を魔女の小屋が歩く様子。とてもかわいらしい。「ハウルの動く城」もここから霊感を得たのであろうか!?


この歳になって子供がいるわけでもないのに絵本を買うとは思ってもいませんでしたが、大人になってから読んでみると、自分が忘れかけていたもの=「純粋な心」をはっと思い出させられ、とても心が温かくなりました。
子供にとっては絵本というのは豊かな心を育てるためにも本当に大切なものなのだなぁと思いました。
これは子供にレッスンしていてもよく思うことです。


ところで皆様には思い出の絵本はありますか?
僕の童心に強烈な印象を与えてくれたのは「キャベツくん」という絵本です。よく親に読んでもらって大笑いしていたのを未だに忘れることができません。ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?(笑)


世間では本日はおめでたい日のようですが、今回は自分にとって無縁な行事を忘れさせてくれる素晴らしい本に出会うことができました。(笑)


いやぁ。絵本って本当にいいもんですね!


にほんブログ村 クラシックブログへ 音楽ブログランキング




追記:↓ムソルグスキーの「バーバ・ヤガー」の元となったといわれている絵です。絵本と比べていかがでしょう?

ハルトマンの絵

スポンサーサイト



タグ : バーバ・ヤーガ バーバ・ヤガー ムソルグスキー

EDIT  |  20:47  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(22)  |  Top↑
 | BLOGTOP |