FC2ブログ
2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.05.25 (Tue)

第2回発表会開催!!

Yuma's Class 第2回発表会が無事終了いたしました。

アイリスホールにて


↑かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホールにて

プログラムの表紙



↑プログラムの表紙

あいにくの雨となってしまいしたが、5月23日(日)13時より計20組による熱演が繰り広げられました。

今年はショパン&シューマンの生誕200周年ということで、
生徒さんには少し意識的に多く彼らの曲をチョイスしてもらいました。

アイリスホールの響きは大変素晴らしく、
よく調整されたスタインウェイフルコンサートグランドピアノを弾く喜びを感じて頂けたことと思います。


今回は連弾のお伴も多くさせて頂きました。
生徒さんと一緒に緊張感を共有し、舞台に立てたことを大変嬉しく思っています。

全員の演奏を客席で聴ければ良いのですが、
舞台袖から見た皆様の演奏される後ろ姿が大変頼もしく、こちらも勇気づけられる程でした。

また発表会は本番の難しさを経験することのできる大変貴重な場でもあります。

上手くいったところはより自信をつけ、
そうでなかったところは今後の課題として第3回に向けて鍛錬を積んでまいりましょう!!

当日雨の中お越し下さった方々、陰で支えて下さった調律師さんやスタッフの方々、
長い期間準備して全力で演奏された出演者の皆様に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。




最後に余談になりますが、
私はラフマニノフ=アール・ワイルド編曲の「In the Silent Night(和名;密かな夜のしじまの中で)」と、
ショパンのバラード4番を弾かせて頂きました。

後者が生誕200周年を意識して弾いたのは言うまでもありませんが、
前者はヴォカリーズの編曲で有名なピアノの名手アール・ワイルド氏が
ヴォカリーズ同様ラフマニノフの美しい歌曲をピアノ独奏用に編曲したものです。
そのワイルド氏が今年に入り亡くなったとの訃報を知り、
このような素敵な編曲作品を多く残してくれたことに敬意を表し、
少しでも多くの人に聞いてもらいたいという思いで、この作品に取り組みました。

ヴォカリーズの時もそうでしたが、さすが超絶ピアニストの編曲は簡単に弾かせてはくれません。
声部の処理が難しく、重音の連続なども地味に難しいです・・・

発表会当日の演奏は、朝から動きっぱなしでも一食も取れず集中力が吹っ飛んでしまっていたので(言い訳)、
30パーセントの出来でしたが(苦笑)
事前にアイリスホールでテスト録音したものがありまして、そちらの方が幾分かマシでありますので、
↓よろしければクリックしてお聴き(直し)下さい♪


S.Rachmaninov=Earl Wild : In the Silent Night Op.4-3 / performed by Yuma Segawa
ラフマニノフ=アール・ワイルド編曲:「密かな夜のしじまの中で 作品4の3 / 演奏: 瀬川 由馬


スポンサーサイト
EDIT  |  01:58  |  発表会  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。