FC2ブログ
2015年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.10.01 (Thu)

コンチェルトを終えて帰国しました!

ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を弾くこと・・・
これはピアニストにとって本当に憧れで、弾きたくても弾けない人の方が大多数ではないでしょうか。

コンチェルトを弾く機会があればこの曲と思っていたのは大学時代にこの曲に出会った頃からです。
恐らく最初に聞いた演奏はキーシンでMDプレーヤーで聴いて感銘を受けて以来何度も繰り返して聴いていました。
感動と言うよりも、打ちのめされたというような感覚を覚えています。

2番はもっと前から知っていましたが、3番はまた違った魅力を感じていました。
2番の方が全てがわかりやすく洗練されていて万人受けされやすい一方、3番は少しピアニスティックな部分に重点を置きすぎて
ややハーモニーも難解な部分があるので、2番に比べると言い方は良くありませんが冗長な部分があるかもしれません。
それはピアノソナタ2番にも言えることです。

しかしながらそれらは客観的に聴いてみての印象で、実際に楽譜を読んでいくと、そこにしかない魅力をより感じることができ、全てが意味があるものだと思うようになりました。そして圧倒的なクライマックスは2番のそれをも凌駕し多くの聴衆を魅了することでしょう。

ルーマニアの北西部にあるサトゥ・マーレの劇場型ホールでの本番は自分にとってかけがいのない貴重な経験となりました。

Piano Concerto Yuma Segawa


指揮の尾崎晋也先生の的確なアドヴァイスに添い、頼もしいオーケストラ(国立ディヌ・リパッティ交響楽団)に支えられ
また多くの温かいお客様に囲まれて今も昨日のように思い出せます。
肝心の演奏はまだまだ自分の思い通りに弾くには修行が足りないなと痛感する面が多々ありましたが、
それでも良かった!と仰って下さるお客様や尾崎先生、オーケストラの皆様のお言葉に励まされ、苦労したけど本当にやって良かったと思えたのでした。
またこの曲を再演できる機会があればと切に願っております。

先日の2台ピアノコンサートにお越し下さり、応援して下さった皆様にも心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:44  |  音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。