FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2006.12.04 (Mon)

Diary(ブログ)を新設しました!

この度ブログを始めることにしました。
街ではすっかりクリスマスモードに突入しておりますので、デザインもクリスマス限定ヴァージョンで!(笑)
頻繁に更新することは難しいですが、思いついた時に書いていくつもりです。時には音楽に関係ないことも書くかもしれませんが、ご容赦下さいませ(笑)皆様に気軽にコメントして頂けたら幸いです。
折角ですので最近思ったことを・・・


昨日久しぶりに銀座のYAMAHA及び山野楽器に楽譜を探しに行きました。
目的はパデレフスキという作曲家の小品の楽譜でした。
このパデレフスキという人は日本ではショパンのパデレフスキ版で有名ですが、彼の作曲家としての作品は日本ではあまり知られておりません。
そのパデレフスキはピアニストとしてはもちろん、なんと政治家としても活躍した異色の経歴の持ち主ですが、そんな彼の作品をポーランド留学中に何曲か勉強する機会がありました。

お世辞にも名曲とはいい難い作品もありますが、最近昔の録音を漁っていたところ、以前韓国人の友人が演奏した時の録音をたまたま見つけて聴いて、「ああ、こんな綺麗な曲もあったんだな~!」と思い出し、その楽譜が急に欲しくなってしまったので、他の楽譜も探すついでに出かけたわけです。

その曲はショパンの影響が明らかに見られ、ほとんど初見で弾けてしまうような易しい曲なのですが、今現在も私の脳内をループ再生しているので、一刻も早く楽譜が欲しかったのです。

しかし・・・

現実は甘くは無く、山野楽器ではパデレフスキの項目すら無く、日本で最大規模のクラシック楽譜を扱っていると言われているYAMAHA銀座店にも、メヌエットという小品一曲が置いてあるのみでした。

ワルシャワの楽譜屋は品揃えが悪いことで学生に評判が悪かったのですが、さすが本場ということでパデレフスキの楽譜は非常に充実しておりました。
今頃もっと買って置けば良かったと後悔しております。(笑)

というわけで今回はパデレフスキの楽譜はきっぱり諦め、来年3月に弾くムソルグスキーの「展覧会の絵」の楽譜を色々見比べていました。
この曲の楽譜は色々な出版社から出ていて、余裕があれば全て買いたいのですがそういう訳にもいかないので・・・

この「展覧会の絵」は弾き易い場所とそうでない所(手の大きさや指の都合を無視したと思われる箇所)の差が激しいです。
その後者の不安を取り除くためにいい指使いがないかな~と・・・
ウィーン原典版を見てみたところ、運指(指使い)の指示がまったく書いて無く、解説ページにいくつかヴラディーミル・アシュケナージ氏の助言がありました。
彼は比較的手が小さいようなので(それでも10度《ドからミまで》は届くようですが・・・)参考になるような運指法だけ脳裏に焼き付けて購入しませんでした。
アシュケナージさん、ごめんなさいm(_ _)m
結局購入したのはヘンレ版でした。ヘンレ版にしては珍しく指使いが想像以上に多く載っていたのが決め手です(笑)

なんだかだらだらと長くなってしまいました。
今後もオフィシャルホームページとともによろしくお願いします。
それでは皆様、良いお年をお迎え下さい!!(まだ早い!?)

にほんブログ村 クラシックブログへ
音楽ブログランキング

タグ : ピアノ Yamaha パデレフスキ ショパン 銀座 ムソルグスキー 展覧会の絵 原典版 ポーランド ワルシャワ

EDIT  |  13:34  |  音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

Comment

♪blog**

yumaクン、blog開設おめでと~う!!嬉しいnewsでした!私もこの間、作ったのに、何も書かずに放置プレー。yumaクンは絶対そうならないでね--!!ww
チナミニ、私もwall paper黒仲間です★
今はレッスン入ってるよ..昨日はyumaクンのお話もしたの~マエストロはyumaクンの事気にしてるよ~
miki |  2006.12.04(月) 20:29 |  URL |  【コメント編集】

♪Dear miki☆

コメントありがとう!
mikiちゃんもブログ作ったのね。
放置せず是非是非開始してくださいな♪
lessonはいってるようで良かった!マエストロにもどうぞよろしくお伝えください。
クリスマスメールでも送ってみます(笑)
Yuma |  2006.12.05(火) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

♪おめでと☆

Yumaくん、ブログ開設おめでと~v-22
頑張って続けてね!
先日、大学の新しくできた別館に行ってきたよ。
あまりのキレイさにおったまげました。気づかず通り過ぎちゃったもんね、、、
Makkin |  2006.12.05(火) 12:28 |  URL |  【コメント編集】

♪おめでとございます!

クリスマスバージョンすてきねっ!
器用だね~!
チェックするから、頑張って
更新してね!
るり |  2006.12.05(火) 22:44 |  URL |  【コメント編集】

♪Dear Makkin☆

ありがとうございます~!
Makkinさんも演奏会お疲れ様でした!!
桐朋の新別館、そんな凄いのか。。。是非チェックしなければ!!(笑)
Yuma |  2006.12.05(火) 23:21 |  URL |  【コメント編集】

♪Dear るり

ありがとございます!
クリスマスヴァージョンは25日までだから(あくまで予定)、更新してなくても気にせず毎日覗いてね!(笑)
器用でもなんでもなくて、ブログは簡単に作れるよー♪
Yuma |  2006.12.05(火) 23:24 |  URL |  【コメント編集】

♪おめでとうございます

お久しぶりです。ブログ開設おめでとう!
展覧会弾くんですね~。いいですね~。
展覧会、実は僕が今一番弾いてみたい曲なのです。
昔からずっとずっと弾いてみたいのです。

東京まで聴きに行けたら行きたいと思い、スケジュールチェックをしたら、お~っと3月21日は水曜日ではないかい!?

また訪問しまっす!
栗藻 |  2006.12.06(水) 11:08 |  URL |  【コメント編集】

♪栗藻 様

Köszönöm szépen!!
栗藻さんも展覧会がお好きでしたか!気が合いますね。(笑)

2007年3月21日は確かに水曜日ですが、演奏会は11日の日曜日です。(笑)
しかしはるか遠方からわざわざ来て頂くのは大変恐れ多いので、万が一その時期東京に用事がおありでしたら、ついでにお聴き頂ければ嬉しいです♪

そして栗藻さんの展覧会も聴いてみたいです!

Yuma |  2006.12.06(水) 21:20 |  URL |  【コメント編集】

♪ハンガリー語でありがとうございます

御礼にポーランド語で、と思ったけど知りませんでした(笑)

演奏会の日程、“3月21日(日)”ってなってますよん。曜日が間違ってるのかと思ったら、日にちだったのですね。

東京へは知人・友人の演奏会でもないと、全く行く機会が無いのです~。聴きたい人&聴きたい曲の時は、できるだけ上京したく思っております♪

展覧会大好きなんだけど、日本の師匠が反対するんですよ(泣)。「あれはピアノで弾く曲じゃない」と。オリジナルはピアノなのに・・・。弾くとしたら独学になりそうです。うぅっ。。

演奏会、もし行けそうならまた連絡します!
栗藻 |  2006.12.07(木) 10:50 |  URL |  【コメント編集】

♪Bocsánat!

すみません。。。ご指摘いただきありがとうございます。
単純なHPの入力ミスでしたm(_ _)m
2007年3月11日(日)で間違いございません。
訂正し、お詫び申し上げます。

確かに展覧会はオーケストラ版のほうが色彩豊かで華やかですよね。
ピアノのオリジナル版はまたオケとは違う魅力が一杯だと思うのですが、その魅力を最大限に引き出すのに弾き手のセンスが問われそうですね。
個人的にホロヴィッツヴァージョンもかなり気に入ってるのですが、今回は真面目に原典版に従うことにしました。
もしご都合がよさそうでしたらご連絡お待ちしてます♪

Yuma |  2006.12.07(木) 11:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |