FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2008.07.09 (Wed)

憧れの存在

少し前になってしまいましたが、6月27日にトッパンホールで行われたクシシュトフ・ヤブウォンスキ先生のコンサートに行って参りました。

≪プログラム≫

J.S.バッハ=ブゾーニ:コラール“来たれ異教徒の救い主よ”
ハイドン:ピアノソナタ第20番 c-moll Hob.ⅩⅥ/20
ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番 f-moll,Op.57 『熱情』

ショパン:スケルツォ第2番 b-moll,Op.31
ショパン:ピアノソナタ第3番 h-moll,Op.58

アンコール
ショパン:ノクターン(遺作) cis-moll
       エチュード c-moll,Op.10-12『革命』
      ワルツ a-moll,Op.34-2
      エチュード Ges-dur,Op.10-5『黒鍵』



『感動』の一言に尽きます。
ピアノを完全に「マスター」した驚異的なテクニックを全面的に見せつけるわけではなく、あくまでも作曲者が意図したものを表現するための手段として利用し、その曲が求めるものを全て汲み取り聴衆に訴えかけ、自然とそれが聴き手の心にも深く浸透していく・・・
音楽ファンにとってはまさに至福の時だったと思います。
改めてこのような偉大な先生にポーランドで師事していたことを誇りに思うと共に、先生に教えて頂いたことを思い出して(ショパンの3番ソナタ等)じっくり音楽と向き合っていこうと思いました。

with Prof.Jablonski

相変わらずお茶目な先生と2ショットでパチリ。

     
EDIT  |  00:59  |  コンサート鑑賞  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

素敵~~、、。本当に本当に素敵な演奏だったかがyuma氏の文章から真っ直ぐに伝わってきました。
相変わらずムギュムギュされてるね!
hero |  2008.07.09(水) 06:57 |  URL |  【コメント編集】

先生おはようございます。
実は私も聴きに行ってきました。
特に『熱情』感動しました~!

HIRAOKA |  2008.07.09(水) 09:48 |  URL |  【コメント編集】

♪ありがとうございました

昨年の演奏会終了後、「ピアノは忍耐です」とアドバイスいただきました。

昨年は気づきませんでしたが、今年の演奏会は、忍耐だけでなく、謙虚さと知性があふれていました。そして、意思の強さも感じました。

ショパンは私の中では世界一です。
熱情は、もう少し人生経験が必要と感じましたが、迫力ある演奏に心を揺さぶられました。

次回はぜひ月光を聴いてみたいです。
ひのまる |  2008.07.09(水) 22:58 |  URL |  【コメント編集】

>heroさん

たった9行の抽象的駄文ですが、少しでもご理解頂けて良かったです。
相変わらず握力とハグの圧力は凄まじかったです。笑

>HIRAOKAさま、ひのまるさま

もうコンサートから2か月近く経とうとしてますね。
私は全曲を昨日のことのように覚えております。
次のコンサートが待ち遠しいですね!
Yuma |  2008.08.20(水) 08:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |