FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2006.12.20 (Wed)

寒い季節に弾きたい音楽

イルミネーション

東京も太陽の出ない日は大分冷え込むようになりました。
とは言っても、元々暑がりな僕は、冬場は極寒(特に昨冬は厳しい寒波に襲われました)のワルシャワで鍛えたせいもありますが、それなりの防寒対策をしていれば特に寒い!!と感じることはあまりありません。
むしろエアコンをつけない時の室内の方が寒いです。日本の家の窓は隙間風が多すぎます。
かといって室内でエアコンをガンガンにつけるのが好きではありません。脳の酸素が欠乏して頭がボーっとしてくるからです。
だったら厚着をすればいいのですが、室内で厚着をするのも動きにくくて好きではありません。
ワルシャワのキチっとしまる窓にセントラルヒーティング(冬期に家やアパート全体を暖かくするシステム)が恋しいです。
たとえ外気温がマイナス20度に達しても室内はおよそプラス20度弱に保たれるので薄着で快適に暮らせるのです。
ようするにワルシャワの楽な生活(あくまで室内限定ですが・・・)に慣れてしまったため、この生活を今の東京の家に求めているただのわがままなのでした。一度楽を覚えてしまうと人間は恐ろしい・・・(笑)


どうでもいいことはさておき・・・

これは僕だけかもしれませんが、寒くなるとなぜか気分が憂鬱になる傾向にあります。
「悲しい、寂しい、なぜか切ない、やるせない、狂おしい、人肌恋しい・・」等等、一見マイナス要素の感情が自然と感じる回数が増えるように思います。
僕の場合は思いつめ過ぎると参ってしまうので、そのマイナス傾向の感情を無理やりプラスにもっていこうと考えます。

そんな時にピッタリな音楽・・・それは寒い(イメージのある)国の音楽です。

特にロシア音楽はそのメランコリックな雰囲気が僕にとっては非常に共感できるものがあります。毎年冬になると弾きたくなるのです。

今年の冬はムソルグスキーにかかりっきりになりそうですが、他にもロシアものが弾きたいと思ったので、ふと思いついたのはスクリャービンの練習曲 cis-moll,Op.42-5です。
この曲は憂鬱な気分の時にはピッタリ!メインとなる運動は左手なので、最近左手がサボり気味だったこともあり右脳を活性化させる上でも効果的です。
特に好きな箇所はといいますと・・・

↓譜例 1をご覧下さい。
譜例 1


水色の線で囲った2小節(2回目は変形ヴァージョン)が何ともドラマティックで、赤丸で囲ったE(ミ)の音に達した瞬間、苦悩の中のかすかな喜びが感じ取れ、そのまま2小節目に突入すると何とも言えない感動的な和声の変化を感じられます。
左手は終始忙しく、二回目の右手も弾き易くはないので、練習無しでは容易にはスムーズに弾くことはできないのですが、ゆっくり弾いてても感動することのできる大好きな部分です。むしろゆっくり弾いたほうがそのEに達するわずかな瞬間に長く停滞することができるので、より感動できるかもしれません。(笑)


↓続いて譜例 2をご覧下さい。
譜例 2


今度はコーダのクライマックス部分です。
嵐のような右手の重音がどんどん激しくなりff(フォルティッシモ)で容赦なく突き進んでいき赤く囲った部分に到達した瞬間、今まで溜め込んでいた怒りが一気に爆発します。
しかしそのやり場のない怒りも全てを放出するのではなく、最後は無理やり押し殺してpp(ピアニッシモ)で締めくくられます。
スクリャービンの精神描写を見事に現している名作だと思います。
技術的にはここの右手で力が入ってしまうと、腕がつりそうになってしまうので要注意です。(笑)

と、このように文章で説明しても中々イメージがつきにいくいと思いますので、録音をupできるようこれから練習に励みます。

どんな感情であれ、ピアノを表現するのにはプラスになってしまう・・・ピアニストはある意味とても幸せなことかもしれません。(笑)

余談ですが、昨冬没頭したこれまた寒い国代表:ラフマニノフのソナタや、最近録音したシマノフスキ(隠れた名曲)、ラフマニノフの小品の録音をupしました。

http://www.geocities.jp/yuma_pianista/performance.html

↑このURLからどうぞ。
よろしければ、お時間がございましたらお聴きくださいませ。

それでは皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さい!!(僕の分まで!?)


にほんブログ村 クラシックブログへ
音楽ブログランキング

タグ : スクリャービン スクリアビン ラフマニノフ シマノフスキ 録音 無料

EDIT  |  01:08  |  音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

Comment

♪冬の音楽

こんにちは。お久しぶりです。
私が冬になると恋しくなる作曲家、それはシューベルトです。私のイメージではですね、シューベルトの音楽は、寒さそのものではなくて、暖かい部屋のイメージなのです。外では雪が降っています。しかし部屋の中はとても暖かいです。お風呂上りの方がいいですね。暖炉の前のソファーにゆったりと腰をかけ、ワインを片手に過ごす夜のひと時。そんな今の私の生活に、シューベルトの音楽はぴったりきます。以上、妄想。
スクリャービンのこの曲、嫌いじゃないですよ。それではまた。
くらげ |  2006.12.20(水) 06:09 |  URL |  【コメント編集】

♪イメイジは色々ですね。

お久しぶりです。くらげさんがこの日記を読んだらロシア音楽アレルギーを誘発してショック死されてしまうのではないかと心配しておりましたが、ご無事のようで何よりです。(笑)
シューベルトもいいですね!孤独感たっぷりなイメージがあります。
今年のワルシャワは今のところ暖かいようですが、ワインを片手にもう片方の手でシューベルトの音楽を奏でて下さい♪
Yuma |  2006.12.20(水) 09:38 |  URL |  【コメント編集】

♪同感です

はじめまして。昔、Yuma君と一緒に「長七の和音への思い」を語り合ったことがある雪蛍です。わかりますでしょうか?

感傷的に気持ちを動かされる部分やドラマティックな部分ってイイですよね。私は副七系の和音や倚音なんかには過度に反応してしまうタチなのでYuma君の演奏には共感できるところが多く、録音も楽しませてもらっています。

ベートーヴェンの大作を弾き終えた時に感じる満足感や感動とは種類が異なるかもしれませんが、響き的にロマンティシズムに浸りやすいという意味ではスクリャービンやラフマニノフというのは手軽でいいですよね。(シマノフスキなんかでも同じように思うのですが、彼らの作品を好むのはどちらかと言うと、やはりピアノを弾く側の人に多いように思います。)

それから、ゆっくりのテンポで弾く喜び、全く同感です!鬼火の中間部分をとてもゆっくり弾いたり、パルティータ6番をロマン派の作品のように弾いたり・・・練習の中にそんな時間を取り入れると、正しいテンポや形式に戻した時に感動を見過ごさずに済むので、私もよく練習の中にそういう時間を取り入れています。

こんな私ですが、実は一番好きな作曲家はシューベルトだったりします。それもあって、書き込みやすいタイミングでした(^_^;

私もシューベルトの音楽には孤独の寒さと夢見る暖かさの両方があるように思います。彼の場合はある意味現実に絶望して逃避していたために、桃源郷のように思い描く美しい風景や暖かい感情がなおのことせつなく感じられるのではないでしょうか。

柔らかく暖かい流れの中にふとあきらめてしまったような陰り(現実)が見えると、彼の繊細な心と胸の痛みが感じられ、演奏中にもホロッとやるせない気持ちになることがあります。孤独と癒しって、人の共感を得やすい部分なのかもしれませんね。

初めての書き込みなのに、長文失礼いたしました。

スクリャービンの42-5はYuma君にとても合っている曲だと思うのでUPされるのを楽しみにしています。また遊びにきます♪
雪蛍 |  2006.12.20(水) 15:20 |  URL |  【コメント編集】

♪時には昔の話を。

雪蛍さん(君)、長いコメントをありがとうございました。
名前を見ただけでは誰かわかりませんでしたが、文章を読んですぐわかりました。(笑)

雪蛍さんとは驚くほど音楽の趣味が似ていて、コメントを読んでとても嬉しく思いました。学生時代を思い出しますね~。
これまで取り上げた曲も振り返って見ると結構同じ曲が多かった気がします。しかもそれぞれの曲を自発的にやりたい!!と思うあたりでも趣味が合うんでしょうね。

やはりこれもやはり同じ師匠に長くついた影響でしょうか!?(笑)

しかし雪蛍さんの一番好きな作曲家がシューベルトだったということは初耳で少々驚きました。
私の中で雪蛍さん=シマノフスキというイメージが割と染み付いてたもので。(笑)
雪蛍さんのシューベルト、いつかお聴かせ願います。

それではまた近いうちにお会いして、思う存分語りましょう!!
Yuma |  2006.12.21(木) 00:31 |  URL |  【コメント編集】

♪また語り合いましょう

そうですね、また仙川のラーメン○郎でも行って語り合いましょう。

私はシマノフスキも好きでよく弾きますが、好きな作曲家の上位ランクに入るほどではないですよ~(^_^; 実は最も好きなのはシューベルトとバッハだったりします。

ところで、Yuma君の言うように確かに学生時代から(今も?)取り上げる曲がかぶってますね。バッハのトッカータc-moll、バーバーのソナタ、ブラームスのパガニーニ変奏曲、ショパンの協奏曲2番、ベートーヴェンのソナタOp.110・・・挙げだしたらキリがないくらいです(^_^;

でも、私は未だにハンマークラヴィーアにだけは挑む勇気が持てません。Yuma君の積極的な姿勢には刺激を受けるところも大きいです。
雪蛍 |  2006.12.22(金) 00:36 |  URL |  【コメント編集】

♪まだまだございます。

リストの「ダンテを読みて」、h-mollソナタ、鬼火、ラフマニノフOp.39-9やショパンのエテュード、バラード4番、最近ではシマノフスキの変奏曲など、ここではとても書ききれそうにありません。(笑)

でも、私は未だにシマノフスキの「12の練習曲」にだけは挑む勇気が持てません。雪蛍さんの積極的な姿勢には刺激を受けるところも大きいです。

私事ですが、ちょうど昨晩ラーメン○郎松戸駅前店に行ってみました。ここの大盛りは今まで行った○郎の中でも最大級で非常に苦しい思いをしましたので、語る場所は変えさせて下さい。(笑)楽しみにしております♪
Yuma |  2006.12.22(金) 08:39 |  URL |  【コメント編集】

♪セルゲイ

私は寒くなって、切なくなると、ラフマニノフのコンチェ2番2楽章をずーっと何回も聴いちゃうの。あの、ラフマニノフの優しさがたまらなく落ち着く、そんな感じなのかな。あのメロディ。すっごく特別!! いつか、絶対に弾きたいな。
miki |  2006.12.22(金) 10:33 |  URL |  【コメント編集】

♪2番もいいですね。

mikiちゃんも寒くなると切なくなるのね。良かった!(笑)
ラフマニノフのピアノ協奏曲2番は僕も大好きです!
いつかと言わずに是非次のレッスンで持っていって下さいな♪
Yuma |  2006.12.23(土) 02:03 |  URL |  【コメント編集】

♪初めまして!

初めて訪問させて頂いたこちらのblogに共感してしまったので、ついついコメントさせて頂きます。
私もこのスクリャービンのエチュードが大好きで、まだきちんと最後まで仕上げたことはないのですが、Yumaさんの言うこの2小節だけの官能的な部分の為だけに(笑)何度も聴いたりします。
ほんと、ゆっくり弾いた方がこの感動的な部分により長く停滞できますね^^
いつかやってみたい曲の一つです。

margot |  2007.01.17(水) 18:51 |  URL |  【コメント編集】

margotさん、初めまして。
過去の日記にわざわざコメントをありがとうございます!
共感して下さる方が他にもいらっしゃるとはとても嬉しいです。
私は残念ながら他にやる曲ができてしまい、この練習曲は放置状態になってしまっておりますが、また明日にでもゆっくり弾いて感動に浸って自己満足してみたいと思います。(笑)
margotさんもこの名曲を是非お弾きになって下さい♪

Yuma |  2007.01.17(水) 23:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |