FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.08.02 (Fri)

ソロリサイタルのご案内

皆さま大変ご無沙汰しております。
暑い日が続きますがお元気でお過ごしでしょうか

今回は・・・お待たせいたしました。
ソロリサイタルのご案内になります。

瀬川由馬ピアノリサイタル2013



瀬川由馬 ピアノリサイタル
~究極の形式美とロマンに浸る夜~

2013年9月21日(土)
17:30開演(17:00開場)

《プログラム》

●ベートーヴェン
 ・ピアノソナタ第28番 イ長調 Op.101
●ラヴェル
 ・ソナチネ
●ショパン
 ・ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調 Op.44
 ・ピアノソナタ第3番 ロ短調 Op.58

会場:sonorium(ソノリウム)

チケット:全自由席 一般3,000円 学生2,000円

今回は副題の通りベートーヴェン、ラヴェル、ショパンの特に形式にこだわった作品を取り上げます。

ベートーヴェンの28番のソナタは、全32曲あるソナタのいわゆる「後期」と呼ばれるうちの最初のソナタです。
ロマン派を思わせるような大変に美しく甘い1楽章、躍動感のある2楽章、深遠な序奏から1楽章への回帰、そして堂々としたカノンから難しいフーガへと展開する3楽章とベートーヴェンの熟練の作曲技法がふんだんに使われた非常に緻密な構成となっております。

ラヴェルのソナチネは古典的なスタイルを尊重されながらも、ラヴェルらしい透明感のある響きと親しみやすいメロディが魅力の作品です。
いわゆる循環形式を用いてテーマが3楽章を通じて随所に見られるのも面白いですね。
徹底した完璧主義者のラヴェルの作品を作曲者の意図通りに表現すべく、現在日々試行錯誤を繰り返しております。

ショパンのポロネーズ5番は6番の英雄ポロネーズと並び大変に男性的な曲です。
不穏な空気の序奏の後現れるテーマは堂々と息の長いフレーズが次第に高みへと達していきます。中間部には同じ3拍子のマズルカも配置され、祖国を想うショパンのこの曲への愛着も感じることができます。

ソナタ3番は今更言うまでもありませんが、名作揃いのショパンの作品群の中でも1,2を争う傑作でしょう。
4楽章それぞれ特徴的で素晴らしいのですが、それらを全て通して聴く(弾く)ことで初めて見えてくる風景、ストーリーが最大の魅力だと思っています。

今回演奏させて頂く場所はsonoriumという比較的新しいホールです。
100名程度の収容数なので広くはないのですが、音響にはかなりこだわりを感じ、天井も高くてとても心地の良い空間です。

チケットはyumaism@hotmail.co.jpでも受け付けております。

9月末も残暑が厳しそうですが
皆様のご来場心よりお待ちしておりますm(_ _)m





EDIT  |  01:39  |  音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |