FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2007.02.14 (Wed)

はじめてのえほん

妙なタイトルに驚かれるかもしれませんが、この歳になって恐らく自分のお金では初めて絵本を買ってみました。

そのタイトルはといいますと・・・






バーバ・ヤガーです。(笑)






ご存知「展覧会の絵」の9曲目を飾る超有名曲の標題でもありますが、ネットで何となく検索してみたところ、この絵本の表紙に一目ぼれ。在庫僅少ということで即、紀伊国屋本店で買ってきました。

バーバ・ヤガー(表)         バーバ・ヤガー(裏)

↑表紙 強烈なインパクトに一目惚れです。 ↑背表紙 後姿もキュート!?



このお話は、ロシアの物語で鶏の足を持った動く家に住む世にも恐ろしい魔法使いのお婆さん「バーバ・ヤガー」に小さな女の子が出くわしてしまうというストーリー。
内容は全く期待しないで買ったのですが、予想以上に楽しめます。
本当に恐ろしい魔女なはずなのに、女の子の要求をやけに素直に受け入れたりと絵本特有の微笑ましい場面も。絵本の世界に引き込まれてあっという間に読んでしまいました。中身の版画風の絵も気に入りました。


お城


↑一番気に入った絵。ロシア独特のお城が見事に表現されています。またロシアに行きたい!


動く家


↑森の中を魔女の小屋が歩く様子。とてもかわいらしい。「ハウルの動く城」もここから霊感を得たのであろうか!?


この歳になって子供がいるわけでもないのに絵本を買うとは思ってもいませんでしたが、大人になってから読んでみると、自分が忘れかけていたもの=「純粋な心」をはっと思い出させられ、とても心が温かくなりました。
子供にとっては絵本というのは豊かな心を育てるためにも本当に大切なものなのだなぁと思いました。
これは子供にレッスンしていてもよく思うことです。


ところで皆様には思い出の絵本はありますか?
僕の童心に強烈な印象を与えてくれたのは「キャベツくん」という絵本です。よく親に読んでもらって大笑いしていたのを未だに忘れることができません。ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?(笑)


世間では本日はおめでたい日のようですが、今回は自分にとって無縁な行事を忘れさせてくれる素晴らしい本に出会うことができました。(笑)


いやぁ。絵本って本当にいいもんですね!


にほんブログ村 クラシックブログへ 音楽ブログランキング




追記:↓ムソルグスキーの「バーバ・ヤガー」の元となったといわれている絵です。絵本と比べていかがでしょう?

ハルトマンの絵

タグ : バーバ・ヤーガ バーバ・ヤガー ムソルグスキー

EDIT  |  20:47  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(22)  |  Top↑

Comment

こんばんは。
絵本は、いつの時代でも、いいものですね。
日本の絵本も、よく子供に読んで、自分も楽しんだことを思い出しましたが、外国の絵本は、色彩感があるというか、子供もその色使いが好きでした。

話は、変わりますが、2月25日のコンサート、今、メール送りました。今から、楽しみにしています。♪
よろしくお願いします。
orange |  2007.02.14(水) 22:49 |  URL |  【コメント編集】

>>orangeさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
仰るとおり万国共通、絵本は子供も大人も楽しめるとてもいいものですよね。特に子供にとっては一緒の心の宝物になる大切なものだと思います。
今も昔の絵本が読み返してみたくて、封印された本棚を漁る予定です。(笑)

また、25日のコンサートのチケットをお申し込み頂きありがとうございました。実は14日に3月11日の第1回リハーサルがあったため(後日その様子も掲載《予定》です)、頭の中が完全に「展覧会」モードでしたが、明日からはラフマニノフモードに急いで切り換えて練習します。ラフマニノフのソナタの素晴らしさがお伝えできれば幸いです。よろしくお願いいたします。


Yuma |  2007.02.15(木) 00:51 |  URL |  【コメント編集】

なんか心温まる日記だった☆私も絵本大好き!大人になってからふと絵本を読んで純粋な気持ちになるのも素敵だね。私は「はらぺこあおむし」が大好きだった!絵本の中のあおむしの穴に指をつっ込んでゲラゲラしてた。
hero |  2007.02.15(木) 06:13 |  URL |  【コメント編集】

>>heroちゃん

皆絵本好きみたいで良かった。(笑)
「はらぺこあおむし」は残念ながらうちにはなかったけど、そういう仕掛けのある絵本も面白いよね!
今興味があるのはTVでやってたんだけど、凄く凝った「飛び出す絵本」かな。
Yuma |  2007.02.15(木) 09:55 |  URL |  【コメント編集】

絵が可愛いなあ↑ 読みながら私もハウルが浮かんだよ。でも未だハウル観てない.. 今日は何かの日だったみたいだね..。何だろ~う♪
ごんぎつねの雪景色の絵が忘れられない..あの絵本の絵が好きだったなあ。見るだけでウルウルしてました。
miki |  2007.02.15(木) 12:31 |  URL |  【コメント編集】

素敵☆ほんと、ハウルを彷彿とさせる感じね。
私の忘れられない絵本は、『買い物大好きピンキー・ブゥ』。
結末が結構シュールで、こないだ20年ぶりくらいに読み直しても
面白かったです。
絵本は子どもだけでなく、大人も十分に楽しめるよね。
五感をくすぐられるような絵本に、最近出会ってないなぁ…
きゃおりん |  2007.02.15(木) 22:48 |  URL |  【コメント編集】

>>mikiちゃん

この絵なかなかカワイイでしょう!?(笑)
ハウルも観てみてね!ごんぎつねは傑作だよね。ちらっと調べたら色々な人が絵をつけてるみたいです。
昨日は何の日だったかもうすっかり忘れてしまったよ。mikiちゃんも知らなかったとは意外だな~。(笑)

>>きゃおりんさん

ハウルの原作が「バーバ・ヤガー」だったらちょっと面白いんだけど。。。(笑)
『買い物大好きピンキー・ブゥ』は残念ながら存じ上げませんが、きゃおりんさんオススメということで大変気になって夜も眠れない気がしてきました。
世の中に星の数ほどある絵本との出会いも、人との出会い同様、運命的なものなのかも知れませんね♪
Yuma |  2007.02.16(金) 00:21 |  URL |  【コメント編集】

ハウルだ・・・。かわいい☆
ハウルは原作あるけど、きっと参考にしたのでしょうね。

昨日はキュートなヘアメイクさん(男性)に、あま~いおやつをモライマシタ。なんか間違ってる?
たんぽぽ |  2007.02.16(金) 01:28 |  URL |  【コメント編集】

>>たんぽぽさん

今度の演奏会のプログラム解説に、「バーバ・ヤガーは『ハウルの動く城』の原作者にも強い影響を与えた不朽の名作である」と付け加えましょうか。(笑)
昨日(もう一昨日だけど)の件、なんか間違ってると思うな~。(笑)
でも愛の告白を受けたってことですね!皆さん楽しんでいらっしゃるようで羨ましい限りです!
あ、14日がどんな日だったか思い出してしまった。(涙)
Yuma |  2007.02.16(金) 02:01 |  URL |  【コメント編集】

いや、かれはキュートな・・・おねえ・・・・のメイクさんで・・・・
たんぽぽ |  2007.02.16(金) 02:04 |  URL |  【コメント編集】

それはそれは、大変失礼いたしました。
今の世の中おねえさんが増えた気が・・・
Yuma |  2007.02.16(金) 02:13 |  URL |  【コメント編集】

Yuma先生、こんにちは♪
素敵な絵のこの絵本、今度見せていただきたいです。
私も数日前に「おおきくなるっていうことは」という絵本を読んで涙してしまいました。絵本好きのYuma先生にもお見せしたいです。
私の小さいころのお気に入りは「どうぶつずかん」で、なかでも「クーズー」という動物が好きだったはずなのですが、今となってはクーズーがどんなのだったか思い出すこともできません。。
N |  2007.02.17(土) 08:46 |  URL |  【コメント編集】

ごめんなさい。上の名前は“NとYの母”です。
 |  2007.02.17(土) 08:49 |  URL |  【コメント編集】

>>NちゃんとYちゃんのお母様

こんばんは、書き込みありがとうございます。
もちろん、絵本はレッスン室に常備しておきますので是非ご覧下さい。Nちゃん、Yちゃんの反応も楽しみです。
お母様が涙を流されたというその絵本はとても興味があるのですが、NちゃんやYちゃんの前で読んで泣いてしまったら格好悪いので一度お貸し頂けたら幸いです。
クーズーという動物は初耳です!僕の場合は普通の動物図鑑、昆虫図鑑や魚図鑑をやたら眺めていた記憶があります。こんな話をしていたら動物園や水族館にも行きたくなってしまいました。(笑)
Yuma |  2007.02.18(日) 00:00 |  URL |  【コメント編集】

パーパ・ヤーガの絵本なんてあるんですね!
とても興味深いです。
絵本・・・ 私は『ぐり と ぐら』が大好きでした☆
あと『おやゆびひめ』が(笑)
りょうちゃんまん |  2007.02.22(木) 01:00 |  URL |  【コメント編集】

>>りょうちゃんまんさん
コメントありがとうございます。りょうちゃんまんさんお気に入りの絵本は両者とも懐かしい響きですね。
ただ前者の内容は全く思い出せません。やはり印象に残るものは個人差が大きいようですね。(笑)
Yuma |  2007.02.22(木) 01:51 |  URL |  【コメント編集】

「キャベツくん」知ってます!
私も長新太さんの絵全部、大好きです。大胆な色使いと構図、文句なく笑わせるナンセンスなストーリー。どれも魅力的♪
一昨年、残念ながら亡くなられましたが・・・。
それにしても、ラーメン二郎(吉祥寺とも姉妹店ですか?)が好きで、弦も切るほどパワフルな演奏をされ、絵本もお好きというYumaさんって、どんな方なんでしょう???
それから、NちゃんYちゃんママ、ありがとうございます。
学校の読み聞かせで「おおきくなるってことは」、使わせていただきました。
Megu |  2007.02.23(金) 21:32 |  URL |  【コメント編集】

突然のコメント、失礼致しましたm(_ _)m
ピアノが好きで、時々おじゃまさせて頂いています。
Megu |  2007.02.23(金) 22:09 |  URL |  【コメント編集】

>>MEGUさん

突然のコメント、ありがとうございました。
「キャベツくん」をご存知の方がいらしゃって嬉しいです。
当時は作者の方のことなど興味がなかったもので(失礼)、今初めて知りました。この名作をお作りになった方が亡くなってしまったのは大変残念です。
そして長新太氏へのオマージュにと先ほどその絵本を引っ張り出してきて(「ウォーリーをさがせ」などと一緒にありました)、10数年振りに読み返してみました。
結果は「ブタヤマさん」と「キャベツくん」の絶妙な会話のやりとりに大笑いしてしまいました。10数年経っても笑いのツボはが変わっていないのもどうかと思いますが・・・

そして、「ラーメン二郎」に吉祥寺店なんてあったっけな?と調べてみましたが、どうも違うようです。
詳しくはこちらでご確認下さい。↓
http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/3433/

吉祥寺近郊にお住まいなのでしたら、是非バスで仙川まで足を伸ばして「大トリプル」を注文してみてください。ちなみに私は「ジロリアン」ではございません。(笑)

私がどんな人かと簡単に申し上げますと、あさって(明日)の演奏会で弦を何度も切ったラフマニノフのソナタを弾くというのに夜中にブログに返事を書いている典型的なO型の男です。

Meguさんは絵本の読み聞かせなどをされているということで教師の方なのでしょうか。今度その素晴らしい絵本をお借りするつもりです。

少々長くなりましたが、よろしければまた遊びに来て下さい♪
Yuma |  2007.02.24(土) 02:04 |  URL |  【コメント編集】

♪素晴らしい演奏でした。

こんばんは。
今日のラフマニノフ、言葉が見つからないくらい、いい演奏でした。あの会場の近くに娘が住んでいますので、誘ったのですが、都合悪く、他のピアノ友達をお誘いすればよかったと思いました。私一人で日曜の午後を満喫しました。

私のブログに今日の感想などを書かせていただきました。不適切な表現がありましたら、お知らせいただけたらと思います。(自分のことでないことをブログに書くこと、少し勇気がいります。)
orange |  2007.02.25(日) 22:27 |  URL |  【コメント編集】

>>orange様
本日は寒い中お越し頂き誠にありがとうございました。
本来なら終演後、表にすぐにいくべきところを、控え室でモタモタしてしまい、ご挨拶しそびれて申し訳ございませんでした。
orangeさんのブログにもありがたい感想をお書き頂き感謝申し上げます。とても嬉しいです。

普通は本番後は気分が解放されて遊びにでもいきたくなるのですが、残念ながら(?)明日朝からめぐろパーシモンホールにて3・11のリハーサルがあるので、帰宅直後に2時間ラフマニノフより激しい箇所のある「展覧会の絵」を練習して今ようやく一息ついたところです。

また改めましてお礼のメールを送らせて頂きます。重ね重ねありがとうございました。
Yuma |  2007.02.25(日) 22:50 |  URL |  【コメント編集】

♪承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2014.11.01(土) 23:42 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |