FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.01.03 (Mon)

A Happy New Year!!

新年明けましておめでとうございます


今年も例によって柴又帝釈天にお参りにいきましたが、初めて午前0時少し前に着いたので、(いつも少しだけ遅れてしまう)
午前0時ぴったりにつかれる除夜の鐘の荘厳な音を体全体で受け止めることができ、
新年を生きるエネルギーを頂きました。


今年の抱負としましては、
レパートリーを増やすという当然のことなのですが、
中でも最近あまり練習していないコンチェルトのレパートリーを最低でも2曲は増やしたいなと考えています。
いつどこでどんなオファーがあっても対応できるように・・・笑

王道のラフマニノフの2番、そしてよりクラシカルなものから1曲を選びゆっくり練習しながらソロも練習しようと思います♪


それでは今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m






EDIT  |  11:11  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.10.12 (Tue)

サッカー観戦でパワーを充電!!

8日金曜日のサッカー日本代表の試合、強豪アルゼンチンを相手に歴史的勝利を収めましたね

幸いにもその場(埼玉スタジアム2002)に居合わすことができました

メッシの負傷のニュースを聞いた時はガックリきてましたが、驚異的な回復力で日本まで来てくれた!
日本が前半でリードを奪ったこともあり、フル出場までしてくれて感謝感謝です。

この試合は新生ザックジャパンの攻撃的なサッカーを随所に見ることができ、とっても楽しめました。
香川選手の素早さ、長谷部選手のミドルシュートと安定感、本田選手の存在感、岡崎選手のゴールへの鋭い嗅覚、長友選手の驚異的な身体能力などなど・・・今後の日本代表への期待がますます高まりました。

それにしてもメッシはやはり別格。万全な状態ではないにも関わらず、ドリブルは超高速、予測不能なボールさばきで日本のDFを翻弄してましたね。
イグアインやテベスの破壊力は少し影をひそめてしまった感はぬぐえませんが、それでも見応え十分でした。

実は9月4日のパラグアイ戦も観戦し(この時が代表の試合を初めて見ました)、その時も勝利を収めてくれました。今のところ2戦2勝!!次の代表観戦はいつになるかなあ。

選手の皆さんからは夢と希望をもらえ、自分も頑張ろうと奮起するのでした。

メッシ

メッシ2

↑メッシがボールを持つと何かが起きる!?

炎ジャージ
↑98年W杯のド派手なヒストリカルジャージを購入し観戦!

メンバー
↑豪華メンバーにため息。。。

埼玉スタジアム

↑歴史的勝利にバンザ~イ!!
EDIT  |  01:27  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.01.01 (Fri)

2010年

新年明けましておめでとうございます

本当は喪中(伯母と伯父を亡くしました)なのですが、優しかった故人は悲しみ続けることを望んでないと勝手に解釈し(笑)、ご挨拶させていただきますm(_ _)m

今年は昨年のメンデルスゾーン生誕200周年に続きまして、
絶大な人気のショパン、そしてシューマンの200周年にあたりますね。
巷では彼らを讃えるコンサートが続々と行われているようですが、
私も偉大な作曲家への尊敬の念を改めて思い返すべく取り組んで参りたいと思います。

5月23日の第2回発表会もこれから徐々に計画していきたいと思っています。
生徒の皆さんの熱演が今から楽しみです♪

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします
EDIT  |  01:11  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.08.27 (Thu)

猫が居なくなってから早3ヶ月・・・

ご報告が遅くなりましたが、去る5月26日に我が家のクロが天国へと旅立ちました。
クロ(本名:秀吉)は去年先だったホームズ(父)の息子で17歳と4カ月ほどでした。

クロが生まれたのは私が小学校6年生の時。
母猫(チビ)はもともと太い体系だったので妊娠に誰一人気付かず、
ある冬の日に自分が一人でいる時、こたつの中にいたチビを見るとそばに子猫が居るではありませんか!
その後一人で焦りながらも出産に立ち会い無事5匹の子猫が生まれました。
1匹は残念ながら間もなく死んでしまいましたが、2匹は里親が見つかり、
残る2匹が家に残ることになりました。そのうちの1匹がクロだったわけです。

クロはちょっぴり人見知りでしたが、慣れた人にはわがままぶりを発揮する内弁慶猫でした。
それでも心は大変優しく、決して人にかみついたりすることもありませんでした。
(ジャレる感じの軽く猫パンチくらいは食らいましたが・・)

とにかく食べることが好きで、晩年は人間が食べるものはほとんど食べられるのではと思うほどグルメになっていました。
お行儀は悪いですが食事中は必ず食卓に居座り、料理をするときは足に猫パンチをして催促してくるなど・・・常に人間と一緒の生活を送って、自分のことを人間だと思っているのではないかと何度も思いました。

晩年になるとお互い目を見ればやりたいことは全てわかるようになっていました。

悔やまれるのは最期の時。
ちょっと調子が悪そうだったので病院へ連れて行ったのですが、
その時はすぐに回復すると信じて帰ってきました。
しかし翌日に心臓発作で急逝してしまいました。
病院の先生からお電話を頂いたのですが、かけつけたときには間に合わず苦しそうな表情で変わり果てたクロの姿がありました。ごめんね、ごめんねと何度も泣いて謝りました。

今思い起こしても最後に一人で寂しい思いをさせてしまったなと悔やんでも悔やみきれない思いです。
しかしそこでくよくよしてても仕方ないのでクロへの、また先に旅立ったクロの家族への感謝を胸に私がしっかり生きていかねばと固く決意しました。

猫が居なくなって3カ月。
まだどこか家に隙間があるような感覚があります。
そのスペースにはいつも猫が居たんだなぁと・・・
部屋のドアを完全に閉めるのにも違和感があります。
猫のために少しだけ開けるのが習慣でした。

玄関のドアを開けてもお迎えがない。
布団の横、上に今まで気を使って動かせなかった重みがない。

やっぱり今でも寂しい瞬間が時折あります。


約20年に渡り猫と生活して多くのことを教わりました。

生命を尊ぶ心。
弱者への思いやり。
感謝の心。

そういった人生を歩む上で大切なものに気付かせてくれたのも猫たちでした。

今まで本当にありがとう。またいつか会いたいな!!


minikuro


↑1歳くらいのクロ

with Kuro

↑14年前のクロと自分(恥ずかしい・・・) クロはこのころ一番重くて8キロくらいありました。

黒

↑6年前のクロ

猫たち


↑以前はピアノの上が猫の溜まり場でした。(調律師さんには内緒!)

kuro and piano


↑クロもピアノが大好きでした!

kuro2

↑おじいちゃんになったクロ。指先も白髪になって手袋をしているようです。


EDIT  |  02:24  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2009.06.25 (Thu)

レーシック終了

皆様、大変ご心配をおかけしておりますが、先程レーシックの手術を終え無事帰宅いたしました。
術後、目をあけてられないほど痛い(昔プールで目を洗う時のような感覚がずっと続く感じ)時がありましたが、
痛み止めの目薬をしたらおさまりました。
まだ目薬や涙で視界がぼやけてるのですが、時折ピントが完全に合うと非常にクリアーに見えます!
また経過をご報告いたします。
EDIT  |  22:51  |  非音楽的雑談  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT